妊活中妊娠中は葉酸も大事だけどビタミンDも大事!

妊活中や妊娠中に一番大事って言われている葉酸。葉酸も大事なのですが、葉酸と同じくらい大事なのが、ビタミンDです。ビタミンDはいったいなぜ必要なのか?解説をしていきましょう。

ビタミンDはカルシウムなどの吸収に大事

himawari

骨の成分ってみなさん何か知っていますか?ほとんどの方が牛乳などから摂取できるカルシウム!!と答えると思います。答えは正解です。ですが、このカルシウム一つでは足りません。

骨の主成分はカルシウム。そして、リン。これらの成分ですが、ビタミンDあってこその成分なのです。ビタミンDがあってこそ体内に吸収されるものなのです。

ビタミンDについて簡単にまとめると、骨を作るため、骨を丈夫にするためには必要不可欠な栄養素なのです。

生まれてくる赤ちゃんがビタミンD不足と言われている

こういった研究結果があります。近年で生まれた赤ちゃんのビタミンDが不足していると。ビタミンD不足の赤ちゃんが多く生まれており、骨がやわらかくなってしまう病気や虫歯になりやすい赤ちゃんが生まれてきているそうです。

なぜ、ビタミンD不足の赤ちゃんが生まれてくるかというと、ママが妊娠中にビタミンDをしっかりとっておらずビタミンD不足のまま出産するからなのです。ビタミンDが欠乏した状態で出産をすると当然赤ちゃんもビタミンDが足りていません。

元気な赤ちゃん、丈夫な骨ができている赤ちゃんを産むためには、葉酸も大事ですが、ビタミンDも大事ということはしっかり覚えておきましょう。続いてビタミンDの簡単な摂り方についてご紹介していきます。

ビタミンDの簡単な摂り方について

ビタミンDの簡単な摂り方ですが、まずビタミンDが配合されている、食材を食べることです。卵、魚、干ししいたけとかにビタミンDは多く含まれています。食材から摂る以外にも以外知らないビタミンDの摂り方があります。それは!!

日光を浴びることです!!

えぇ?日光浴びたらビタミンD摂れるの?うそだー!って方が多いと思いますが、日光を浴びることによって、ビタミンDが生成されるのです。つまり、妊娠をしているときとは、妊活をしているときは、たまに日光浴をするといいのです。

日焼けするから、紫外線を浴びたら肌が老化するなんて言っていないで、日光浴をしてくださいね。ビタミンDを摂るために、食材から摂取する、日光浴をするようにしましょう。

もう一つは、妊活サプリ、葉酸サプリにビタミンDが配合されているものが多いので、そういったものを活用してビタミンDを摂っていくといいでしょう。ビタミンD不足にも注意していってくださいね。