妊娠力が低下している原因のまとめ

妊娠力が低下している原因っていったい何があるのでしょうか?不妊の原因となっているのは、卵巣の老化が原因や子宮の問題などを想像してしまいがちですが、他に色々あります。妊娠力が低下している原因について色々とまとめてみました。

妊娠力を低下してしまっている原因のまとめ

hutari

ueeu もしかしたらパートナーに不妊の原因がある

意外と多いのですが、不妊の原因は女性にあると勘違いしてしまっている方。不妊の原因は女性だけが原因ではありません。男性不妊というのがありますので、もしかしたら中々妊活をしていても授かれない場合はパートナーに原因があるかもしれません。

妊活は一人でするのもではありません。私が原因で中々授かれないと思ってしまいがちな方が多いと思いますが、パパにも問題があるかもしれません。

ueeu ストレスを溜めすぎている

ストレスと妊活って実際あんまり関係がなさそうに見えますが、関係があります。妊活中のストレスは多くの方が感じられています。もちろん、ママだけではなくパパもストレスを抱えてしまうと、EDの原因になってしまいます。ストレスはホルモンバランスを乱してしまう大きな要因ですので、ストレスを溜めないようにしましょう。

ueeu 卵子の老化、卵子の数が減っている

最近よく耳にする卵子の老化。年齢を重ねると卵子が老化していきます。卵子の質が低下するという意味ですね。卵子を老化させないためにも、ストレスを溜めないなどが大切になってきます。

ueeu 不妊症になってしまう病気がある

不妊症と関係がある病気ですが、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮頸がんなどがあります。また、卵巣のトラブルである、卵巣のう種や排卵障害などもありますので、病院でチェックしてもらうようにしましょう。

妊娠力を低下させてしまっている原因はたくさんあります。妊活は中々大変なものです。パパと協力しあって、一人で悩みを抱え込まず妊活をしていってくださいね。